toggle
2014-12-26

11月・12月参加セミナー

院長の金です。
11月、12月もセミナーに参加してきました。


11月30日 エステティックGBRStraumann
 

当院で使用しているインプラントシステム、Straumann社のエステティックGBRセミナー(勝山先生)。審美領域(前歯)のインプラントは大変難しく、骨造成や歯肉の移植が必要になることが多々あります。今回は、抜歯からインプラント埋入、骨造成、歯肉移植、仮歯、最終の被せものまでの一連の流れを時間軸で整理し、実際にブタ顎を用いての実習を行ってきました。当院でインプラント治療を受けられた患者様は、大多数の方が骨造成、歯肉移植を受けられています。何度もオペが必要になり、どうしても治療期間が長くなりがちですが、少しでも短縮できるように効率よく治療できればと思います。

 

1221日 Reciploc セミナー (根管治療セミナー) 

根の治療は、歯周治療と同じく歯科治療の幹を成すものです。これを疎かにすると、どんなに綺麗な被せものをいれても長持ちしません。近年、根管治療で用いる器具(ファイル)は、従来のステンレス製のものから、チタン製のものへとシフトしてきています。

今回は、Reciplocというチタン製のファイルの使用方法をメインに、根管治療の基礎から外科的歯内療法までの講義と、実際の歯を使っての実習を受けてきました。従来のステンレス製のファイルを使用するより、かなりの治療時間の短縮が期待できそうです。

当院でも導入できればと考えております。

 

今年も、多数の学会・セミナーに参加してきました。日進月歩の歯科医療の進化に置いていかれないよう、来年も日々精進し、患者様に還元していくつもりですのでよろしくお願いします。

関連記事