toggle
2014-12-01

だ液検査から始める新しいむし歯予防

こんにちは。
最近めっきり寒くなりましたが、体調は崩していませんか?
冬といえば、こたつとみかんですね!
こたつが気持ちよくて、こたつから出れなくついつい、
そのまま歯磨きもせずに寝ちゃっていることはありませんか?
寝ている間はだ液が少なく、むし歯になりやすい環境です。
だ液の量で、むし歯になりやすいリスクも変わってきます。
だ液にはたくさんの役割があります。
そこでだ液検査をして、自身のむし歯になりやすいリスクや、
むし歯の原因と予防をしることが大切です!

だ液検査をすることで、むし歯菌の数や、
歯を守る力、食生活がわかります。
最初にだ液の量を調べます。
だ液が多く出るほど、口の中の食べ物を早く洗い流す力があり、
抗菌作用が働きます。
だ液検査では、むし歯のきっかけを作る菌や、
むし歯を進行させる菌の数を知らでることができます。
最後に問診をし普段の食生活や歯磨きの回数などを伺います。
次回の来院に結果をお伝えし、一人一人に最適な予防法を説明します。
だ液検査をすることで、歯を守ることができます。

だ液検査に興味がある方はお電話お待ちしております!

関連記事
Call Now Button