toggle
2014-11-03

10月の学会・講習会

院長の金です。すっかり寒くなってきましたね。

10月も学会・講習会に参加してきました。

 

10月5日 臨床歯周病学会関東支部会

『インプラント治療を歯周治療・修復治療の立場から考える』というテーマで研修会がありました。今回は補綴治療の大家である内藤先生のお話を初めて聞くことができました。『修復の立場からインプラントを考えると』いう内容での講演は、長期経過の中での咬合の変化におけるインプラント治療の留意すべきことについてお話をしていただきました。

内藤先生の繊細な治療の長期予後を、実際に目の当たりにして非常に感動しました。

 

10月25日 サイナスリフトマスターコース (Osstem)

 

明海大学のインプラント科の教授である、嶋田先生のサイナスリフトマスターコースのHands Onを受講してきました。Osstem社のサイナスリフト用のCASキット、LASキットを使用し、ブタの上顎を使用して実習しました。ブタの下顎は今まで何度も歯周外科、インプラント外科で実習を行ってきましたが、上顎は今回が初めてでした!当たり前といえば当たり前ですが、ブタの上顎洞は前方に長いんですね。ご存知でしたか?

 

10月30日 Straumann 無歯顎オーバーデンチャーコース

 

当院では、歯周病治療に力を入れてますが、不幸にも歯を全て失ってしまうと総入れ歯になってしまいます。総入れ歯では、うまく噛めない、噛み切れない、などよく言われますが、入れ歯を安定させ、機能的に向上させるのにインプラントが応用されています。今回、ストローマン社のロケーターシステムについて、当院の黒川先生と受講してきました。夕方からの短い時間でしたが、基本から臨床例まで充実した内容でした。

関連記事