toggle
2020-06-25

インビザラインなどのマウスピース矯正

マウスピース矯正ってどうなの?

マウスピース矯正ってご存じですか?矯正というとギラギラした装置が浮かび、治療の決断に踏み切れないって方もいらっしゃるかと思います。昨今マウスピース矯正がとても流行ってますね。名前の通り、形はマウスピース型です。色は、プラスチックのような樹脂を使っていますので、透明です。この最大のメリットは、目立たないということに尽きると思います。その分、皆さんの関心もマウスピース矯正なら目立たないくていいなぁって思った方も多いのではないでしょうか。

この矯正装置は、ここ近年で開発され、人気を得ている装置ではあるのですが、全ての方に適応できる装置ではありません。症例が難しい場合は、選択できない場合もあります。従来のワイヤーとブラケット(ワイヤーを固定する歯につける)に比べて、開発されてからまだ歴史が浅く、歯を包み込んで動かすというメカニズムもまだ解明の余地がある状況です。それゆえ、矯正の専門の先生も治療に関しては、難しいと思う点が多々あります。

「目立たない」「マウスピース矯正で何でも治る」「簡単に治る」「違和感や痛みが少ない」などの情報を目にすることがありますが、端的に言うと、マウスピース矯正は軽度の治療向きで、症例はケースbyケースです。ぜひ矯正の先生とじっくり話し合って装置を決めるのがいいと思います。

歯が動く仕組みとしては、従来のワイヤーでは、歯に力を「点」で加えて動かすという方法ですが、マウスピース矯正は、歯を包みこんで「面」で動かしています。点と面の違いと言われても。。。と言われてしまうかもしれませんが、点の方が狙った通りに動かせる、柔軟に対応できるということです。

インビザライン(マウスピース矯正製品名)は、治療開始時に現在の歯並びから治療完了後の歯並びをコンピューターで全て解析し、フェーズ毎にマウスピースを作成し、定期的にマウスピースを交換しながら最終の歯並びに向かって治療していきます。ところが、コンピューターでシュミレーションをしていますが、必ずしも予定通りに歯が動かない場合もあります。それは患者様によって個性があるからです。

私たちが、お話をさせていただくときには、マウスピース矯正の良い部分も説明いたしますが、デメリットの部分もしっかりお話させていただいています。

インビザラインが苦手とするところの一つが、歯の大きな移動です。歯並びを治すにあたり、抜歯してというスペースを作って綺麗に並べるというのが思いの外難しいです。他にも、歯を押し込むのはできるのですが、引っ張りだすのは難しい。歯が回転しているような状態を正常な位置に戻すのも苦手です。

色々は話をしてきましたが、マウスピース矯正が万能なんだということでなく、得意不得意があるということを知って頂けたらと思います。できるかできないかは、矯正の先生に相談され、じっくり検討していただくのがおすすめです!

新生会の矯正治療はこちらもご覧ください。

関連記事