toggle
2020-03-16

歯がしみる

冷たいものや、熱いものを飲むと歯がしみることはありませんか?また歯磨きをしていても歯がしみる場合もあります。一般的には歯がしみる症状を知覚過敏といいます

歯がしみるわけ

年齢を重ねると、歯茎が下がります。それに伴い、エナメル質の象牙質が露出し、そこから神経に刺激が伝わりやすくなります。年齢によることも大きいですが、歯みがきに力が入ることで歯茎を痛める場合もあります。

歯がしみる他の原因

虫歯

虫歯の進行により神経の近くまで虫歯が及ぶと、神経を刺激する場合があります。

歯周病

歯周病の進行により、歯茎が下がって、象牙質が露出するため、神経を刺激する場合があります。

咬み合わせ

咬み合わせが悪いと、特定の歯に力が入り、痛みを伴う事があります。咬み合わせの調整をしてあげることで改善される場合もあります。

歯みがき

プラークを落とすのには力は必要なく、優しくブラッシングしてあげるだけで落とすことができるのですが、歯みがきの際に力が入り歯肉を傷付ける場合もあり、歯が痛くなる場合もあります。

まとめ

歯がしみる原因は虫歯だけでなく、色々ですので、まずは原因を探すことが必要です。症状がありましたら、一度レイクタウンデンタルクリニックを受診してください。

関連記事