toggle
2016-08-29

8月衛生士勉強会

こんにちは!
レイクタウンデンタルクリニック  歯科衛生士です。

8月25日に各医院の歯科衛生士が集まり勉強会を行いました。
今月はライオンの講師の方に来ていただき、歯周病のセルフケアについて勉強させていただきました。

歯周病はプラーク(歯垢)中の細菌による感染症です。
歯周病の基本治療では、細菌の巣であるバイオフィルムや歯石を機械的に除去し、歯の表面をツルツルにして
細菌がたまりにくい環境にします。
でも、症状が安定しても歯磨きを怠るとプラークが溜まり、歯周病が再発してしまいます。

すなわち、歯周病の予防はもちろん、治療や治療を終えてからのメンテナンス、どの段階においても
最も大切なのは患者様自身によるセルフケアなのです。

セルフケアには、細菌の塊であるバイオフィルムへの浸透・殺菌効果のある歯磨剤や、
口腔内の浮遊細菌に効果のある洗口剤などの使用が効果的です。
また、お口の乾燥は唾液の分泌が減少しており、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。
口腔乾燥が気になる方は、保湿+唾液分泌促進のマウススプレーの使用も効果的です。
なんと、納豆のねばねば部分から抽出されたアミノ酸の一種の成分でできているマウススプレーが
あるんですよ。

その他、患者様のお口の状態、治療の段階に最適な歯ブラシや清掃用具などセルフケア用品の選択の
お手伝いをさせていただきたいと思います。
ご質問などありましたらお気軽にお声をおかけください。

関連記事