toggle
2016-03-10

歯科専門誌を読んで

レイクタウン技工部です。 今月から花粉症ぎみになりまして、外室にはマスクが欠かせなくなりました。
3月になり少し暖かくなった気がいたします。朝の寒さも穏やかになりつつありますね。
さて、先月読みました専門誌の感想など書かせていただきます。
様々なテーマの論文が掲載されていました。中でもRamonaSchwyren氏らの論文のPEEK材を使用した臨床検証などが注目されていました。咬合での予想がなかなかできないような圧ヘの抵抗力や、または咀嚼時の噛み心地などいづれも問題はない、とありました。まだケース数がすくないので何とも言えない部分はありますが臨床で何時か
触ってみたい気もいたしました。まだ研究段階のものが多いようですが、新たな事に挑戦する事は良いこととかんじました。 

関連記事