toggle
2015-11-26

昔の義歯

 レイクタウンデンタル技工部です。

近頃、冬らしく寒さも本格的になってまいりました。

さて、人類が入れ歯というものをいつ頃から使っていたのか?意外と古いので驚かれます。 

最も古くは紀元前700年頃、北イタリアのエクアドル人が、人間の歯や動物の歯を使っていた記録があります。

日本では仏教と共に伝来、平安時代、木床義歯が僧侶を中心に使っていたそうで、江戸時代には仏師に代わり

専門の入れ歯師があらわれました。つげの木でつくられていて、つげは将棋の駒や印、高級品な櫛にも使われ

ています。  

現在ではプラスチック、金、銀、チタン、セラミックス、ジルコニア などがつかわれていますね。

関連記事