toggle
2015-09-05

8月講習会

こんにちは。院長の金です。

朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。皆様、体調を崩さないように気をつけてくださいね。

8月も暑い中、講習会に参加してきました。

8/22,23日はインプラント臨床研究会の認定講習会でした。4月からはじまったこの講習会ですが、折り返し地点を迎えた今回は、愛知県で開業されている月星先生と福岡県で開業されている下川先生の講演でした。この講習会が始まる前から一番楽しみにしていた回です。

月星先生は,歯牙移植や外傷歯の再植で世界的に有名な先生です。私自身、日々の臨床で歯牙移植を行う機会は今までほとんどなく、この治療法に時には懐疑的な見方(術者の技量に左右される部分が大きいという意味で)をしていましたが、非常に論理的に体系立てられた先生の講演を聞いて、インプラントの前に一度歯牙移植の可能性を考えようと思いました。

下川先生の講演は主に咬合に関するものでした。咬合にはすべて舌が関与しているという話が印象に残りました。また、矯正、インプラント、外科治療と全て一人で手がけている症例をたくさん供覧させていただき、その美しい治療結果に圧倒されました。

 

8/29,30は、私も所属する臨床歯周病学会の会長である二階堂先生の、インプラント・ペリオ ハンズオンマスターコース(デンツプライ主催)を受講してきました。

たくさんの興味深い論文の紹介、お決まりの豚顎実習と盛りだくさんの2日間でした。

今までずっと疑問に思っていた結合組織移植術に関する疑問にも答えていただき、歯周病学の奥深さと面白さを改めて認識することが出来ました。早速、紹介して頂いた論文を読んでみようと思います!

関連記事