toggle
2015-07-30

臨床歯周病学会年次大会 仙台

こんにちは。院長の金です。
毎日暑いですね。皆様、熱中症に気をつけてくださいね!

7月18日~19日、仙台で行われた臨床歯周病学会に参加してきました。
今回の学会のお目当ては、秋田県で開業されてる佐藤先生の講演です。
佐藤先生は、歯周病治療の世界的な大家で、著書は世界数カ国で翻訳されているほどです。
秋田訛りのパワフルな講演で、あっという間の一時間でした。
現在、歯周病治療は再生治療全盛で、様々な材料が開発されています。
私も、失われた刺繍組織を再生するために、エムドゲインやGTR膜、様々な骨補填材を用いていますが、佐藤先生はこれらの材料を用いなくても病変部の郭清をしっかりやれば歯周組織が再生する(2壁、3壁の骨欠損)とお話されてました。
現在の、様々な材料を用いた再生療法の潮流に一石を投じた講演で、とても考えさせられる内容でした。

関連記事