toggle
2015-05-28

日本歯周病学会 歯周病専門医更新

こんにちは、院長の金です。
すっかり暑くなってきましたね!

5/16の土曜日、幕張にて行われた日本歯周病学会に参加してきました。
早いもので、歯周病専門医を取得してから5年間が経ち、今回無事に専門医の更新をすることが出来ました。
この5年間、歯周病学会参加のみでなく、学会発表、学術論文発表、衛生士専門学校での講義、最新の歯周病治療の技術・知識のアップデートのためのセミナー参加と、勉強の毎日でしたが、今後も一人でも歯周病で悩まれている患者様に貢献できるよう頑張ります。

翌日の5/17は、東京一橋講堂にて、もう一つの歯周病学会である日本臨床歯周病学会の関東支部会に参加してきました。
日本歯周病学会が、大学の先生を中心とした研究を軸にした学術的な学会であるのに対し、この学会は開業医の先生が中心の、より臨床に即した学会です。
今回は長野県でご開業されている、歯周病治療の大家である谷口先生の講演を聴くことが出来ました。
歯周病治療は、どうしても派手な外科治療に注目が集まりがちですが、改めてブラッシングやスケーリング・ルートプレーニングなどの基本的な治療の重要性を再認識させられました。
治療後、20年・30年と維持されている健康な歯周組織の写真は、どんな言葉よりも説得力がありました。

最近はインプラント関係のセミナー・学会にばかり参加していましたが、久々に歯周病漬け?の週末でした。

関連記事
Call Now Button