toggle

インプラント

インプラント治療

インプラントの特徴

インプラント

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分に人工の歯根を埋め込み、顎の骨に固定された後に人工の歯を装着する治療法です。
インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した新しい歯科治療です。

レイクタウンデンタルクリニックのインプラント

インプラントは、すべての方に適合できる魔法の治療法ではありません。どうして歯を失ったのか、土台となる骨がどれぐらいあるのか、健康状態は万全なのか、全てを考慮して結論を出しています。もし、インプラントがダメでも、治療法は他にもあります。当院では、入れ歯専門医もおりますし、ブリッジで治療することも可能です。重要なのは、患者様にあった治療方法でしっかり治療することができるというところが、当院の強みです。しっかり噛める歯を、再度ご提供できるように最善を尽くします。

治療法の利点と欠点

インプラント
インプラント

自分の歯に近い構造で、自分の歯と同じように噛むことができ、見た目もきれいです。

インプラントを埋め込むための手術が必要です。保険適用ではないため費用がかかります。

ブリッジ

自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。

ブリッジを固定するため、両隣の歯を削る必要があります。

入れ歯(義歯)

口の中で型を採る程度の比較的簡単な治療で済みます。

硬い食べ物や、粘り気のある食べ物では苦労することがあり、異物感を感じる人もいます。

あなたの大切な歯を守るために当院では最新鋭のCTを導入しています

ガリレオスの3つのポイント

  • インプラント・歯周病治療に必須の3次元撮影が可能
  • 世界最小の被爆量であなたの体を守ります
  • 撮影時間はわずか14秒。撮影後3分で先生からの説明を受けられます。

ドイツ・シロナ社の歯科用CT「ガリレオス」

歯科用CTはインプラント診断、歯周病による骨欠損の状態、顎関節、歯根の膿、親知らず、上顎の炎症、下顎の神経の走行など二次元のレントゲン撮影では不可能だった奥地の様々な状態を診断できます。 特に安全性と正確性が求められるインプラント治療にはCTによる3次元診断は必須であり、いまや世界の常識となっています。 当院はドイツ・シロナ社製の歯科用CT「ガリレオス」を使用しており、被爆量は医科用の1/100~1/400(29マイクロシーベルト)です。CTの結果はすぐにお見せすることができます。