レイクタウン 歯科 |越谷市 歯周病 歯医者 インプラント無料相談|レイクタウンデンタルクリニック
HOME>スタッフBLOG

スタッフBLOG

だ液検査から始める新しいむし歯予防
こんにちは。
最近めっきり寒くなりましたが、体調は崩していませんか?
冬といえば、こたつとみかんですね!
こたつが気持ちよくて、こたつから出れなくついつい、
そのまま歯磨きもせずに寝ちゃっていることはありませんか?
寝ている間はだ液が少なく、むし歯になりやすい環境です。
だ液の量で、むし歯になりやすいリスクも変わってきます。
だ液にはたくさんの役割があります。
そこでだ液検査をして、自身のむし歯になりやすいリスクや、
むし歯の原因と予防をしることが大切です!

だ液検査をすることで、むし歯菌の数や、
歯を守る力、食生活がわかります。
最初にだ液の量を調べます。
だ液が多く出るほど、口の中の食べ物を早く洗い流す力があり、
抗菌作用が働きます。
だ液検査では、むし歯のきっかけを作る菌や、
むし歯を進行させる菌の数を知らでることができます。
最後に問診をし普段の食生活や歯磨きの回数などを伺います。
次回の来院に結果をお伝えし、一人一人に最適な予防法を説明します。
だ液検査をすることで、歯を守ることができます。

だ液検査に興味がある方はお電話お待ちしております!

2014年12月 1日 18:33
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
レイクタウンデンタルクリニック技工部
 皆様、ご無沙汰しております、技工部です。 

技工室は、毎日元気いっぱいで、仕事に励んでいます

先日、公園を散歩してますと、どんぐりや落ち葉などがありまして、秋の訪れを感じました。

世間はハロウィンで盛り上がり、レイクタウンを訪れるお客さんのなかには仮装を楽しんでいるかたもいました。    

      







 季節の変わり目ですので、食事や睡眠をとって、健康には気お付けたいですね。 

 スポーツなどしたりして、体力を養いましょう。冬に向けて頑張ります

2014年11月 3日 20:42
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
10月の学会・講習会

院長の金です。すっかり寒くなってきましたね。

10月も学会・講習会に参加してきました。

 

10月5日 臨床歯周病学会関東支部会

『インプラント治療を歯周治療・修復治療の立場から考える』というテーマで研修会がありました。今回は補綴治療の大家である内藤先生のお話を初めて聞くことができました。『修復の立場からインプラントを考えると』いう内容での講演は、長期経過の中での咬合の変化におけるインプラント治療の留意すべきことについてお話をしていただきました。

内藤先生の繊細な治療の長期予後を、実際に目の当たりにして非常に感動しました。

 

10月25日 サイナスリフトマスターコース (Osstem)

 

明海大学のインプラント科の教授である、嶋田先生のサイナスリフトマスターコースのHands Onを受講してきました。Osstem社のサイナスリフト用のCASキット、LASキットを使用し、ブタの上顎を使用して実習しました。ブタの下顎は今まで何度も歯周外科、インプラント外科で実習を行ってきましたが、上顎は今回が初めてでした!当たり前といえば当たり前ですが、ブタの上顎洞は前方に長いんですね。ご存知でしたか?

 

10月30日 Straumann 無歯顎オーバーデンチャーコース

 

当院では、歯周病治療に力を入れてますが、不幸にも歯を全て失ってしまうと総入れ歯になってしまいます。総入れ歯では、うまく噛めない、噛み切れない、などよく言われますが、入れ歯を安定させ、機能的に向上させるのにインプラントが応用されています。今回、ストローマン社のロケーターシステムについて、当院の黒川先生と受講してきました。夕方からの短い時間でしたが、基本から臨床例まで充実した内容でした。


2014年11月 3日 11:15
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
虫歯
こんにちは!
レイクタウンデンタルクリニックです

もうすぐ10月も終わり11月に入りますね
寒くなってきてだんだん冬が近づいてきましたね

みなさん、詰め物や被せものを取れたままそのままにしてはいませんか?
実は詰め物や被せものが取れるのはほとんど虫歯が原因なんです
詰め物の場合はもし神経があるところだと、虫歯の進行具合によっては
神経を抜く治療をしなければなりません。
神経を抜いた歯は寿命が短くなってしまいます
被せ物の場合は歯をかなり削ってその上に被せているものなので
その被せものが取れてしまい、放置している間に虫歯になってしまうと
再度被せていくことが難しい場合が意外と多くあります
そのときは抜歯しなければなりません・・・・・・。

なのでもし取れてしまった場合は痛くないから大丈夫!だとは思わずに
一度歯科医院に来院してください

2014年10月27日 13:09
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯周病・・・
みなさんご存知の歯周病!
以前は歯槽膿漏と言われていましたね。


人だけでなく犬や猫などの動物もかかりやすい!なんて、ご存知でしたか?
ペットを飼われてる方も多いと思います。
餌の種類で口臭や排泄物の臭いが変わることもありますが、
人間同様、歯の病気で口臭がキツくなっていることが多いのです。
病院やトリミングサロンによってペットの歯石取りが出来るのですが、犬の唾液は人間よりもアルカリ度が高く歯石になりやすく、人の5倍のスピードで歯垢が歯石になってしまうと言われています。

ペットも毎食後に歯磨きをするのが望しいのですが・・・・・
なかなかそうもいかないと思うで、
一日一回毎日の習慣として歯磨きをしてあげるのがお勧めです★

人間同様、歯の病気になり菌が体内に周ってしまい
肝臓や腎臓などの大きな病気に繋がってしまうこともある
人間にもペットにも怖い病気です。

愛犬と一緒にみなさんも!
お口のケアをしっかりとしていきましょう!


2014年10月 2日 19:12
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)