toggle
2013-11-25

こんにちは、レイクタウンデンタルクリニック技工部です。  

今回のブログでは、歯科技工について、特に作製に使われる材料を取り上げてみることにしました。

「石膏」は、必要不可欠な材料です。皆さんご存知でしょうか?石膏は歯科以外でも古くから使われてきました。

建築資材としての利用の歴史は紀元前7000年の古代エジプトにまでさかのぼります。エジプト・ギセーにあクフ王のピラミッドからは、王の石棺にアラバスター(結晶石膏)が使われており、さらにクレオパトラがワインを飲むのに使った杯は天然石膏から削り出されたものといわれています。しかも丈夫なため、石材として用いら
れていたばかりでなく、道路舗装、彫刻用材としても活用されていました。

現代では、骨折などの際に患部を安静に固定するのにつかうギプス、歯型を造るのにつかう義歯成型材、豆腐製作時の凝固剤、自動車・飛行機などの機械部分の金型や工業模型の「成型材」、色々な用途で活躍しています。

次回技工部ブログではまた材料について書きたいと思います。お楽しみに。



関連記事
Call Now Button