toggle
2013-02-23

寒い~

みなさんこんにちわ!
雪が降ったりととっても寒い日が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
街中ではマスクをしている人が本当に多くて、ビックリする程ですね!

さて、今回は2月度の勉強会についてです!
前回は乳児の歯の健康についてでしたので、今回はそれと繋げて妊婦さんの歯の健康についてです!

さっそく本題に入りますが、

妊婦さんってとっても虫歯になりやすいんです!

それはなぜか。
妊娠初期など特にそうですが、体調が優れないせいで食べ物の好みが変わったり、常に食べていたり、全然食べられなくなったりと、毎日3食食事を摂るのが難しくなりますよね。

そうなると常にお口の中がばい菌にとってとっても過ごしやすい環境になってしまうのです!

なので食後は歯磨きの徹底。なんですが、妊婦さんの中には歯磨きをお口に入れただけでおえ~っとなってしまう方もいます。
そうなると胃酸も出てなおさら虫歯へのリスクも高まります。

しっかり歯を磨くことは大切なんです!
すぐにおえ~っとなってしまう方は、普通の歯ブラシよりさらに小さい「一本ブラシ」というのを使ってみてはいかがですか?
細かなところも隅々まで磨けますよ!

さらにさらに、妊婦さん特有の歯の病気もあるんです!

★妊娠性エプーリス
歯肉種の一種で、歯肉の一部だけが風船のように腫れてしまう。
妊娠による女性ホルモンの変化の影響です。

★妊娠性歯周炎
30歳以下の若い方に多くみられる歯周病の一種。普通の歯周病とは違い、進行がとても早く、一般的な歯周病の治療では治らない場合もあるので、早期発見が必要。

などなど、女性ホルモンの変化の影響で起こる病気がほとんどです。
やはり歯磨き!何度も言いますが大事です!笑

これらの病気を防ぐのは歯磨きと、定期的な検診ですね!
自分で痛くないからと歯科に行かないよりは、プロに診てもらって大丈夫ですって言ってもらった方のが安心できますよね。

生まれてくる赤ちゃんのためにもしっかり検診は受けましょう!

関連記事
Call Now Button