toggle
2019-11-28

歯周病と糖尿病

最近は、歯周病と糖尿病の関係が明らかになってきました。

歯周病の方は、糖尿病の方が多く、糖尿病の方は、歯周病の方が多いのです。

これは、歯周病菌が腫れた歯肉から血液内に歯周病菌が入り込み、歯周病菌自体は死滅するのですが、歯周病菌が出す毒素は、血液をめぐり、血糖値に影響を及ぼします。

この関係が明らかになっているため、歯周病を持っている、糖尿病の方へ、歯周病治療を行ったところ、改善が見られたという報告もあります。

歯周病が単にお口の中の病気でないことは、お分かりいただけますでしょうか?

歯周病は全身疾患へとつながる危険性を持っています。

当院では、歯周病認定医や歯科衛生士がおりますので、歯周病かなとご心配の方は、早めの受診をお勧めいたします。

歯周病の基本治療は、歯磨きです。歯科医院での治療に加え、ご自身の丁寧な歯磨きで、改善が見込めますので、まずはご相談くださいませ。

関連記事