toggle
2016-11-02

10月学会・講習会

気がつくと早いもので今年も残す所、あと2ヶ月ですね。

10月も学会・講習会に参加してきました。

<10/8 第59回秋期日本歯周病学会学術大会 新潟>

今回の歯周病学会の目玉は、ベルン大学のLang教授の講演でした。
言わずと知れた歯周病学の巨匠であり、数多くの自身の論文を引用しながら、歯周炎の再発リスクについて、BOP、5mm以上の深い歯周ポケット、歯の喪失数、年齢に対する歯槽骨喪失、全身・遺伝因子、喫煙の項目に絞って解説されていました。

当院非常勤の山﨑先生も、アメリカ歯周病学会(AAP)に引き続き学会発表されていました。

<10/29,30 エビデンスに基づいたペリオドンタルプラスティックサージェリー出版記念ハンズオンコース&講演会>

大阪で行われたEnの会主催のハンズオンコースと講演会に参加してきました。
講師は京都府でご開業されている中田光太郎先生と木林博之先生。
歯周形成外科に特化したコースは数少なく非常に楽しみにしていましたが、期待を遥かに上回る内容でした。

歯周形成外科の国内第一人者である中田先生のオペは繊細で美しく、また木林先生の補綴の緻密さには圧倒されました。

根面被覆のための結合組織移植術や、ガミースマイル改善のための歯冠長延長術といった歯周形成外科は、当院ではまだまだ少ないですが、オペを受けられた方皆様に満足して頂けているかと思います。

歯肉の見た目に悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非一度当院で検査を受けてみてはいかがでしょうか?
 
 
関連記事