toggle

矯正歯科

レイクタウンデンタルクリニックの矯正治療について

悪い歯並びは見た目だけでなく、心身の健康にも影響を与えます。 一度治療を施せば、生涯にわたって整った歯並びを手に入れることができます。 今まで以上に会話や食事が楽しいものとなるでしょう。

認定医による治療

レイクタウンデンタルクリニックでは、日本矯正歯科学会認定医が治療にあたりますので安心して治療を受けていただけます。 わからないこと、不安なことなどはお気軽にご相談ください。 認定医5年以上の経験と厳しい審査を合格した医師のみ認められます。 さらに認定医は5年ごとに論文提出および審査を受けなければなりません。

よくない歯並び

叢生(そうせい)

叢生

俗に乱杭歯と呼ばれ、歯が凸凹になったり重なり合っている状態。 主に八重歯という状態がありますが、犬歯はかみ合わせで非常に大事なので抜くようなことはしないでください。 抜いた方が良いという歯医者はかみ合わせに関する知識がないと考えられます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)出っ歯

上顎前突

俗に出っ歯と呼ばれ、上の歯、顎が前に出ている状態です。

下顎前突(かがくぜんとつ)受け口

下顎前突

俗に受け口と呼ばれ、下の歯、顎が前に出ている状態です。 場合、程度により外科的矯正(顎の手術)などが必要な場合があります。

空隙歯列(すきっぱ)

空隙歯列

俗に受け口と呼ばれ、下の歯、顎が前に出ている状態です。 場合、程度により外科的矯正(顎の手術)などが必要な場合があります。

過蓋口咬

過蓋口咬

噛み合わせが深く前歯で噛みづらい状態です

開咬

開咬

口を閉じたときに隙間があるため、うまく噛めません。

顎関節症

歯列矯正によってかみ合わせを回復することで、顎関節症の治療にも効果がありますが、症状によっては完全に治癒しない場合もあります。 また治療中に一時的に症状が悪化することもあります。

矯正歯列

矯正治療では口の中に装置(ブラケット)を取り付けます。 ブラケットが目立つのではないかと思うかもしれませんが、最近は透明で目立たないマウスピース型の装置(インビザライン)、歯の裏側に取り付ける装置(インコグニト)、透明ブラケット・ワイヤー、といったものもあり、従来とは比べもにならないほど目立たずに治療することができます。当医院では装置のお悩みや、一度見てみたいとい方の受付も大歓迎です。お気軽にご連絡下さい。

メタル(金属)ブラケット

メタルブラケット

一般的な装置です。目立つのが欠点ですが、固定力があり確実に矯正をすることができます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

目立たない装置です。メタルブラケットに比べ見た目の違和感が少ない装置です。目立つことを気にされる方は、こちらをお勧めします。

プラスチックブラケット

プラスチックブラケット

透明な装置(ワイヤーも透明)です。こちらも目立ちにくい装置となっています。

裏側矯正装置

下側(裏側)ブラケット

歯の裏側につける装置です。目立たず矯正をすることができます。慣れないうちは、しゃべりにくいこともありますが、すぐに慣れます。舌側は頬側よりも唾液の量が多いので、こちらに装置があることは、虫歯リスクも低くなります。

インコグニト(オーダーメイド裏側矯正装置)

インコグニト

裏側に装着する装置をオーダーメードで作成しますので、歯にとてもフィットし、お痛みが軽減されます。金合金ですので、体にも優しい素材となっています。

クリアアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

クリアライナー

通常の装置は取り外しが出来ませんがこのクリアアライナーは取り外しが可能です。 1日20時間程度は装着の必要がありますが歯磨きなどの際は外す事ができます。 又、ブラケットを付けず透明なカバーのような装置ですので全く目立ちません。付けている事すら気付かれないでしょう。 ただ、複雑な症状などクリアアライナーでは治療できない場合もあります。