レイクタウン 歯科 |越谷市 歯周病 歯医者 インプラント無料相談|レイクタウンデンタルクリニック
HOME>歯周病

歯周病

歯周病とはどんな病気?
歯周病はどうして起こるの? 歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根(歯の根元)を覆うセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。
しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまるとそこに炎症が引き起こされます。
これが歯周病の始まりです。
歯周病の症状
歯周病には4つのランクがあり、それぞれの症状により治療法も異なります。

歯周病初期

①歯周病初期

歯と歯肉の間から入った細菌(歯垢、歯肉)が歯肉に炎症を引き起こす。歯肉は赤くはれ、出血しやすくなる。









歯周病中期

②歯周病中期

細菌が歯と歯肉の境目から割り込み、歯と歯肉を離れさせる。
(歯周ポケット)








歯周病後期

③歯周病後期

歯と歯肉の境目に付着した細菌が、歯の根の面に沿って根の先へ侵入し、繁殖して匂いを発する。(口臭)
さらに、歯肉の中にある歯槽骨を溶かしてしまう。
ポケットからは、常時血や膿がにじみ出ている






歯周病末期

④歯周病末期

歯肉はやせて下がり、歯槽骨はほとんど吸収されてなくなるので、歯槽骨がむき出しになる。ついにはグラグラと動揺し抜け落ちてしまう。
治療方法
上記の症状により治療方法が異なります。

歯周病治療のプロセス
ルートプレーニングによる治療法
歯周病初期~中期にかけて有効な治療方法です。
キュレットと呼ばれる器具を用いて、歯と歯肉の間にたまっている歯石、歯垢を除去し、きれいにします。歯周病菌の餌となる歯垢や歯石を除去していくことで、歯肉の炎症を抑えていきます。


ルートプレーニングによる治療法
外科的措置について
歯周病重度の患者様に有効な治療法です。
炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織を回復させるための手術(歯周外科手術)を行っています。
この手術の際に、歯周組織再生用材料という手術治療を補助するための歯科用の材料を用いますが、当院ではエムドゲインという材料を使用しております。
エムドゲインゲルとは?
エムドゲインゲルは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しいブタ歯胚組織使用歯周組織再生用材料です。エムドゲインゲルの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。現在の科学水準に基づく高い安全性確保の元、幼若ブタの歯胚から抽出精製されたもので、2005年5月現在、世界39か国で使用されています。
エムドゲインを使った治療方法
手術は麻酔をかけて行います。
手術時間は約1時間前後、手術後しばらくお休み後帰宅可能です。
抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

①歯肉の切開
②歯肉の剥離
③歯根表面の清掃
④エムドゲインゲルの塗布
⑤縫合

歯周病を再発させないために
歯周病は、虫歯治療と異なり悪い所を削って詰めて終わりということではありません。治療には歯周病の状態にもよりますが、ある程度の治療期間を必要とします。治療の中で、歯周病にどうしてなってしまうかという点を患者様自身が認識されて、毎日のセルフケアはもちろん、治療終了後も定期的に検査を受けて頂くことで、歯周病の再発は抑えられるものです。日々歯や歯の周りを清潔に保ち、上手に歯周病とつきあっていきましょう。