レイクタウン 歯科 |越谷市 歯周病 歯医者 インプラント無料相談|レイクタウンデンタルクリニック
HOME>スタッフBLOG

スタッフBLOG

口腔内写真
こんにちは
だんだん暖かくなってきて過ごしやすい季節になってきましたね

毎日笑ったり話したりすると歯の表面は見えますが
歯の裏側はどんなに大きく開けても見えないところがあります。
裏側はどのようになっているか、または今自分の歯には
どんなものが入っているかなど気になりませんか?
口腔内写真を撮ることで自分の歯が今どんな状態で磨き残しは
どのあたりにあるかなど写真を撮ることによってわかるところが
たくさんあります!
口腔内写真は治療前と治療後に撮影し口腔内がどのように変わっていったか
確認もできますので自分の口腔内が良くなっていくとこを見えるのは
嬉しいですよね
気になる方はぜひお声をおかけ下さい
2016年4月16日 11:34
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯科専門誌を読んで
レイクタウン技工部です。 今月から花粉症ぎみになりまして、外室にはマスクが欠かせなくなりました。
3月になり少し暖かくなった気がいたします。朝の寒さも穏やかになりつつありますね。
さて、先月読みました専門誌の感想など書かせていただきます。
様々なテーマの論文が掲載されていました。中でもRamonaSchwyren氏らの論文のPEEK材を使用した臨床検証などが注目されていました。咬合での予想がなかなかできないような圧ヘの抵抗力や、または咀嚼時の噛み心地などいづれも問題はない、とありました。まだケース数がすくないので何とも言えない部分はありますが臨床で何時か
触ってみたい気もいたしました。まだ研究段階のものが多いようですが、新たな事に挑戦する事は良いこととかんじました。 
2016年3月10日 20:38
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
手術強化月間
こんにちは!
やっと寒い冬も終わりを感じ、私は春夏に向けてうきうきしております
みなさん体調など崩していませんか?
花粉症に煩わされたりしていませんか?

さて、当院3月は、手術強化月間となっております。
先生の“しっかり治療したい!”という思いと、患者様の“しっかり治したい!”という思いが一致し、週に3回~4回のペースで手術をすることになりました。
手術内容は院長の得意分野である歯周治療や、失った歯を補うインプラントなど、様々な手術です。

少し怖いな、と思う方ももちろんいらっしゃると思います。
でもよりキレイに確実に、長持ちする歯を入れたくはありませんか?
一度先生とお話しするだけでももちろん構いません。
検診のついでにちょっと聞くだけでも結構です。
先生はもちろん、私達スタッフも親身にお話しますよ
お待ちしております

2016年3月 5日 11:08
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
臨床歯周病学会 関東9大学合同研修会
2月21日の日曜日、日本歯科大学で行われた臨床歯周病学会関東9大学合同研修会に参加してきました。
教育講演は、歯周病治療の大家である廣瀬先生。
大学病院勤務時代の7-8年前に一度お話を聞く機会がありましたが、外科処置の基本手技からもう一度確認することができました。

学会終了後は、大学院時代からお世話になっている教授や先輩、医局の同級生、後輩たちと久々に飲みに行ってきました。
基礎研究からはすっかり離れてしまいましたが、後輩たちの研究に対する熱い想いが聞けて楽しかったです!

2016年2月24日 14:27
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
日本口腔インプラント学会関東支部会&Up!2016
こんにちは。院長の金です。

2月13日の土曜日、新宿京王プラザホテルで行われた日本口腔インプラント学会関東支部会に参加してきました。
日本の歯科関連の学会で一番会員数の多いだけあって、支部会にも関わらず大盛況でした。
教育講演では、インプラント治療後、良好な予後を辿っているたくさんの長期経過症例を見ることができました。インプラントはまだまだ歴史が浅い治療法ですが、黎明期、発展期を終えて成熟期に入ってきているのではないのでしょうか。

2月14日の日曜日は、昨年に引き続き恵比寿で行われたUp!2016 Extreme Meeting tokyoに参加してきました。
今年は衛生士パートも出来たので、当法人からもたくさんの衛生士が参加しました。
SJCDの山崎先生のデジタルデンティストリーの講演は以前も聴いたことのある内容が多かったのですが、旧来の歯科技工が、そう遠からぬ未来にすべて機械にとって代わる時代がくるであろうと感じさせる内容でした。テクノロジーの進化は歯科医療の分野でも想像以上に早く進んでおり、食わず嫌いをしているとあっという間に時代においていかれてしまうのかも知れません。




2016年2月20日 11:14
投稿者 レイクタウンデンタルクリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)